~ Q「倶楽部グリー」ってどんな合唱団?

 

A1 「クロコディロス演奏会」の前座からパートナーになった合唱団

A2 「楽しく・美しく・オシャレ」に歌うアラセブ(around 70)合唱団

A3  テノールの声(頭ではない)が輝いている「今が旬」の合唱団

A4  MCを聞くと「元気な秘訣がわかる」、歌よりMCが受ける合唱団

A5  なんてったって「暗譜至上主義」だった合唱団

A6  毎回新しい編曲に追われる指揮者がかわいそうな合唱団

A7 「あれでも早稲田卒?」、もちろん「グリー学部」卒業合唱団

A8  ピアニスト(芸大生)が毎年替わる合唱団

A9  日本一楽しい合唱団を目指しているのに、休部部員が増えている合唱団

 

とにかく演奏会に行けばわかります


 

70才超のオジン(爺様)が歌を忘れたガナリヤから なぜ昔に還って歌うようになったか?

歴史をご紹介します。

 

 

倶楽部グリーは早稲田大学グリークラブOBによる合唱団のひとつで、

 

1966~69年度卒業生が1995年に行った

「30年目の送別演奏会」のメンバーが中心となって活動しています。

 

発足の経緯は49年前の出来事にさかのぼります。

 

1966年2月開催予定の早稲田大学グリークラブ第16回送別演奏会は

前年秋からの早大の授業料値上げ反対運動で

学園全体が大荒れとなり、

 

期末試験はおろか卒業式もできない状況となったため、

演奏会準備が全て完了していたにもかかわらず、

 

開催の3日前にやむなく中止となりました

 

 

 

以来30年が経過し

 

当時の下級生の間で

66年卒業生の同期会の名称が「宴想会」といい、

これは送別『演奏会』をもじったのだと取りざたされるようになりました。

 

そしてあの時のやり残したような、

気になってしかたのない気持ちに

何とか区切りをつけようという声が高まり、

 

1995年10月に「30年目の送別演奏会」が開催され、

 

当時の1~4年生100人が再会を果たしました。

 

 

その後東京在住のメンバーを中心にして、

飲み会

演奏

(荻窪音楽祭、第九、2001年のクロコディロス東京公演の賛助)

ラグビー応援等

をやってきましたが、

 

定期的に練習をしてもっと合唱を楽しもうということになり、

 

2005年2月「倶楽部グリー」

 

として正式に発足しました。

 

 

登録メンバーは1961~71年卒の50人(名古屋、大阪にもいます)、

 

レパートリーは67年卒指揮者の丸山はるお編曲の

ポップスが中心です。

 

練習は毎週日曜日で、

 

クロコディロスの’06~’14東京公演、

‘10と‛12の倶楽部グリー創立5周年と

8周年記念演奏会を

主催したほか、

 

この9年で荻窪音楽祭に16回出演するとともに、

病院や介護施設の慰問演奏や、

小・中・高校を訪問して

 

男声合唱の普及啓蒙を兼ねた演奏活動も行っています。

 

 

2011年3月の東日本大震災の後は

チャリティコンサートの出演が多くなりました。

 

この4年間に石巻と成田で4回ずつ、

 

2014年は7月13・14日に

石巻を訪問し演奏と義援金をお贈りしました。

 

12月20日(土)には成田国際文化会館小ホールで

「東日本大震災復興応援チャリティコンサート」に出演しました。

 

さらに2014年は

倶楽部グリーにとって特別な年になりました。

 

2月21日~28日にはロサンゼルス演奏旅行

とグランドサークルツアーを行い、

 

LAでは演奏会に3回出演しいずれも大成功を収めました。

 

また10月12日「倶楽部グリー創立10周年記念演奏会」を開催、

大勢のお客様にお出で頂き好評を博しました。

 

その一週間後、10月18日には

 

早大稲門祭前夜祭の招待演奏、

 

翌19日にも稲門祭で招待演奏を行いました。

 

今やメンバーの平均年齢は73才となりましたが、

 

ますます磨きのかかった熟練のパワーとテクニックにご期待下さい。
 

倶楽部グリー紹介

 

 


 

All Rights for the images reserved to mugley photostream from flickr, if you keep them,please keep the credit.